SQL Serverにインスタンスを追加する方法

環境: Windows7 Professional/ SQL Server 2008 R2 SP2 x86


大まかな流れ

  1. SQL Server のインストールメディアを準備する

  2. SQL Server インストールセンターから新しいインスタンスを作る

  3. 新しいインスタンスの設定をし、使ってみる


SQL Server のインストールメディアを準備する


Microsoftからインストーラーをダウンロードする。

SQL Server Express with Tools の日本語版なら SQLEXPRWT_x86_JPN.exe




SQLEXPRWT_x86_JPN.exeの拡張子、.exe を .zip に変更する



SQLEXPRWT_x86_JPN.zip を解凍する。ここでできたフォルダがインストールメディアになる




SQL Server インストールセンターから新しいインスタンスを作る



SQL Server インストールセンターを起動し、「インストール」から「新規インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加します。」を選ぶ


「SQL Server 2008 R2 インストールメディアの参照」から、SQLEXPRWT_x86_JPNフォルダを選びOKを押す。



セットアップ開始。「インストールの種類」で「新規インストールを実行するか共有機能を追加する」を選ぶ



ダイアログに従って、適宜、設定をする




SQL Server 外部のアプリケーションからアクセスする場合は、SQL Server構成マネージャーから、「TCP/IP」を有効にしておく。





新しいインスタンスの設定をし、使ってみる


SQL Server Management Studioを起動し、サーバー名から<参照>を選ぶ。

データベースエンジンをクリックし、新しく作ったインスタンスを選ぶ






特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square