Windows10とBluetooth機器が突然つながらなくなったら

Windows Update後にありがちなこと。それは、周辺機器が正常に動作しなくなる、ということです。

Bluetoothデバイスもそのうちのひとつです。


今回は私のBluetooth接続のキーボードがWindows10 Pro ラップトップに接続できなくなり、そこから復帰するまでの手順をご紹介します。


キーボードは、FILCO Majestouch Convertible2 テンキーレスです。電池を交換後、ラップトップに接続できなくなりました。


デバイスの削除と追加


当該キーボードをBluetoothデバイスのリストからいったん削除し、もう一度追加しました。



しかし、デバイスを追加する段階で、PINの入力を求められます。これは別のキーボードを使って任意の数字4桁から8桁を入力し、後ほど、登録するキーボードで同じPINを入力させる仕組みです。しかし、同じPINを入力しても接続できませんでした。




キーボードの問題なのか、Windowsの問題なのかを切り分ける


Bluetoothヘッドフォンは問題なく接続できていましたが、問題の切り分けを行うため、あえてBluetoothデバイスのリストからいったん削除し、追加し直してみました。すると、キーボードと同じく接続できなくなりました。これでキーボードの問題ではなく、Windowsの問題だと切り分けができました。


インテルのBluetoothドライバーをアンインストールして再起動


デバイスマネージャーのBluetoothドライバーの項目を見ると、沢山ドライバーが並んでいます。どれが問題なのかさっぱり見当がつきません。



上のスクリーンショットは復帰後に撮ったものです。この時はキーボードの名前がありませんでした。

ここで目立つのが インテル(R) ワイヤレス Bluetooth(R)  です。


以前、グラフィックドライバーの調子がおかしくなったとき、Intelのドライバーをアンインストールして再起動すると自動的に正常な状態でインストールされなおすというのを聞いて、その通りにしたら直った経験があったので、同じようなものかと思い、このインテル(R) ワイヤレス Bluetooth(R)を削除することにしました。そして再起動。



インテルのBluetoothドライバーをアンインストールして再起動


キーボードをBluetooth接続モードにし、BluetoothデバイスとしてWindowsに登録します。今回はコントロールパネルの[デバイスとプリンター] - [デバイスの追加]から行います。


リストにキーボードのアイコンが表示されてから選択しOKを押すと、やはりPINコードの入力を求められますここでは「パスコード」と表示されています。



PINは嫌だったので、下にある「または、パスコードを接続先のデバイスで入力して下さい」を選びました。

すると、パスコードが発行され画面に表示されます。おなじみの画面です。


最後に、例のキーボードからこのパスコードを入力し、無事接続ができました。


特集記事
最新記事